S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
03« 2008/04 »05

Daily Moon Phase

CURRENT MOON

maiko's twtter

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

maiko

Author:maiko
タイ式セラピストのスギウラです。自然使いの癒しな魔女を目指しています。セラピーもリラグゼーションも両方大事♪♪医王会のZen Shiatsuを習得中です。
他に、リマクッキングスクールにてマクロビオティックの勉強中。体のことを知れば知るほど、内側からのアプローチの重要性を感じます。
趣味は、薔薇の栽培。漫画。落語。競馬。

hideを愛する永遠のロック少女を自認しておりましたが、とうとう最近、BIGBANGのG-DRAGON(ジヨン)に射抜かれ片思いの熱愛中。
↓未亡人ですので法事も行きます。
(ロラパルーザも行きます!)

最近の記事

カテゴリー

スギウラ農園のかわいこちゃんたち

ルッコラ/ 中国菜心/ 枝豆/ ミニトマト/ コブミカン/ バラ(ジュリア)/ ミニひまわり(ミラクルビーム)/ ダリア/  ルイアマード/ スーヴニール ケイトウ/ マリーゴールド/ ジャンヌダルク/ 

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やたー===333

川崎近辺じゃないと会えないかな、と思っていたら、
渋谷で遭遇!!!Yeah!!! 

hide_tRaiLer


写真撮っちゃったもんね!
しかも撮ってたの、オイラだけじゃなかったもんね!
30過ぎのオンナにそこまで恥も外聞も捨てさせちゃうんだから、
貴方はやっぱり宇宙から、私へパワーを送っていて、
今もって私は、
貴方の大きな優しさに包まれて生きているのですよ。

あ~~~~ん、

。・°°・o(>_<)o・°°・。
ライブ行きたいでげしいいいいっ!!!
なんでチケット取れなかったんだああ。

スポンサーサイト

【3/27 Thu】そうだ、ロイクロに行こう。その3~マッサージ受けちゃった編~

この旅の間、何かしたい時の意思表示は
「Can I ~ ?」もしくは 「I would like to ~」で通しちゃった全行程。

で、「I would like to recieve oil massage」って言ったんですよ、確か。

で、「今すぐ受けたいのか?」と聞かれて、「Yeah, at now」と言ったら、
スクールとは別にある、隣の建物に案内されました。
ロイクロさんは、スクールとサロン、完全分業になっていて、
建物も、スタッフも、営業時間もそれぞれ別になっておったわけです。

でですね、ロイクロって、
なんていうんですかねーーー、
なんか、郷愁を覚えるんですよ。
例えて言うなら、
夏休みの親戚の家、みたいな雰囲気なんですよ。
扇風機が回っててさ、カーテンがそよいでてさ。
いつも見慣れた蛍光の明かりがそこには無い空間でさ。

カーテンと簡素な壁で仕切られた個室は、
ちょっと叩き台程度の高さの床に、マット1枚が敷かれたスペースで、
すっごいアナログで、ノスタルジックな空間なんですよ。
そこで着替えをしながら、セラピストの女性が来るのを待っていると、
親戚の家で大人が帰ってくるまで留守番をしている夏休みの子供、みたいな気分になった。

オイル・マッサージなので、
着替えはタイパンツ+シャツではなく、
パレオを1枚渡されただけでした。
そう、ビーチで女性が水着の上から腰に巻いたりする、トロピカルな柄の布です。
さすがにノーパンは、セラピストの方に嫌がられそうなので、やめときましたが、
それ以外は全裸状態で布だけ1枚巻いて、マットにゴロンとしていると、
セラピストのおっかさんが、桶に入った足湯を持って登場。

この足湯が、ちょっと感動&感心モノでした。
さすが南国だからか、日本で出されるような「お風呂の温度」とは違い、
冷たくないくらいの、ぬる~~~~い水温なのですが、
なんとっ、ライムを半分に切ったものがゴロゴロぷかぷか浮いとるではないか!
足をお湯に入れると、その半分に切ったライムで足を洗ってくれるのだ!

え~~~、めっちゃ優雅や~~~ん!
日本だったら口に入れるものとして考えたってエクスペンシヴなものを、
足洗いに使っちゃうんですよっっっ!!!
勿論、香りだって、素敵です。天然のアロマオイルだもんね。
スギウラ、この時点で既に、心持ってかれちゃってます。

さて、いよいよ、施術に入ります。
仰向けからスタート。

足裏から手が入った瞬間、

「あ、私が好きなタイプだ、これ」

と、悟ってしまいました。

これぞチェンマイスタイル!ってやつだったんですよ。
チェンマイスタイルのスローでディープでハートから来るアレです。
もう、この瞬間、幸せに到達しましたよね。
んで、この時点でもう、このクラス受講しよう、って決めました。
私、シヴァカの体験会を受けた時、アーチャンの手が私の体に置かれた瞬間、
ものすごい衝撃を受けて「絶対この人に習おう」って決意したんですけど、
衝撃はなかったにしろ、あの時と似てますよね。

あとはもう至福の2時間でございましたわよ。

また後述する機会を設けますが、
この気持ちよさ、満足度ってのは、
このセラピストさんのパーソナリティによってもたらされた部分がかなり大きいと感じています。

私が、お母さんタイプのセラピストが好きな理由ってのは、
若い女の子にはない、母性、包み込む優しさがあるからなんですけど、
も~おこのセラピストさんは、どんぴしゃでした!
昼寝している子供をそっと寝かしてやりながら、そばで見守ってくれているような、
そんな温かさです。

で、なおかつ、ロイクロのオイル・マッサージって、
完璧にリラグゼーション系で気持ちいいんですよ。

わ、わ、わ、

私が求めていたのは、これなんだよオオオオオ!!!

あ、こりゃもう、受講決定だ。

ちなみに2時間のコースで、
足から腹部、背中、腕、首肩、頭、全部まるごとオーバーホールしてくれます。
指圧系より、圧迫系、軽擦系の手技が多いです。
つまり副交感神経優位になりまくり系、寝オチ系です。
はい、寝オチしますた。
気がついたら2時間、あっという間~~。

風呂上がりみたいなさっぱり状態で個室から出ると、
さっき、スクールで応対してくれた講師の女性スタッフがソファでニコニコしながら待っていた。
手にした予約票をペラペラあおいで見せながら「booking?」
と聞いてきたので、「Yes.」と即答した。

「Ok! 2days or 3days?」
「2days」
「それならfrom9hour to 16hour, OK?」
「Yeah」
お金を払おうとすると、今日払っていくのは、
今さっき受けたオイルマッサージ代金(550バーツ/2時間)と、
授業料については全額でなくデポジットだけでいい、と言われた。
4500バーツのうち1000バーツだけデポジットを払うと、
「OK~~~、あとは明日持ってきて、それと写真もね」
「写真?」
「そう写真」
「どこで撮れるの?」
「ナイトバザールのところに富士ショップって店あるから、そこで撮れる」
う~ん、富士ショップの場所わかるかなあ~って思いましたが、
「すぐわかる」と言われちゃいまして、
なら、すぐわかるんだろうと納得する素直なスギウラ。

「じゃあ、また明日ね、SEE YOU NEXT~~~!!!」
と、先生に明るく見送られちゃいました。

先生が「フジショップ」というのでてっきり「富士ショップ」という屋号かと思ったら・・・
実際に店に行って知りましたが、
FUJIFILMのDPEのことをフジショップって言うんだわさ。
表記は「FUDI SHOP」ね。
そこで12枚100バーツという格安っぷりで証明写真を撮ってもらいました。
チラと見ると、この店、インターネットも貸し出している。
よお~し、あとでブログ更新しよ~~と思って出来なかったんですけど。

明日からのスクールデイズに思いを馳せ、
前日とは打って変わって意気揚々と出発した思いのスギウラであったが、

この後、とんでもない事態に遭遇する運命にあることを、
まだコヤツは知らない。

SEE YOU NEXT T~~~IME!

苦心しとります。

結論から言うと、

まいたん、チラシ作りに苦労してまふ。

フリマ出店時に店頭置き&配布するためのチラシを作ろうと、
デフォルトだとDTPに使えるソフトがなーーーーんも入っていない、ってなiMacで頑張ってみましたがっ・・・。


試したソフト、全滅です。ヽ(´Д`;)ノアゥア...


もともと、手書き部分満載でいこう!と思っておりましたが、
こうなってしまうと、全部手書きになるかもしれません。Σ( ゚∀)ゲッ!!


私が10年後、faamuuの女社長として大出世した暁に、
「この人にもこんな下積みの過去が!」みたいなノリで発掘されたら、
続く後進の子たちに元気を差し上げられるのがほぼ決定!な、
そんなチラシになりそうです。(←例えが長いよ!)

頑張ろう。

X-JAPANだって、「元気が出るテレビ」で寿司屋に乱入して吠えてギャラもらってた時期があった。
彦麿呂だって、アイドルやってメシ喰ってた。

そうだ、そうだ!
さあ、元気出して頑張ろう!

にほんブログ村 健康ブログ 指圧・マッサージへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ ブログランキング・にほんブログ村へ

【3/27 Thu】そうだ、ロイクロに行こう。その2

日本のWEBサイトからも、
チェンマイのマッサージスクールの情報は得られていて、
しかしそれらを読んで吟味する時間がなかったので、
プリントアウトだけして、持っていっていました。

その中からロイクロの情報を参照して、
どんなコースがあるのか、修了に何日かかるのか、時間は何時から何時まで?
などなどを確認。
スギウラは、「オイルマッサージコース」に狙いをつけました。

そりゃあ、本音はじっくり時間をかけて基礎から習いたいのはやまやまですが、
6泊8日の滞在で5日間スクール浸り・・・ってのも、ねえ?
その点、オイルコースは、2日もしくは3日で修了。



あとの4日は、思いっきり遊べるぢゃーーーーんっっっ!
イヤッホー!q(≧∇≦*)oo(*≧∇≦)p





あ。




人々を癒すため、
日頃から鍛錬鍛錬鍛錬!
血道を歩む、スギウラでございます!!!

ちょっと間違った情報を貴方の脳に与えそうなので、正確にインプットしてあ・げ・る♪



で、2~3日で修了出来る「オイルマッサージコース」を選択しました。
ふ~ん、へえ~、・・・ってやめて石を投げつけるのはあぁ!


どちらにしても、リラグゼーション系のオイル・マッサージは習いたかったのです。
シヴァカ(※シヴァカ・ヒーリングアカデミー青山)でもオイルは修了していますが、
シヴァカで教えているオイルは、アーチャンが独自に編纂した
”ラクサ”と呼ばれる治療系、症状軽減のマッサージです。
腱をギターの弦のように弾く手技は、人によっては痛いですね。
それはそれで、私のタイ・マッサージの大事な根幹とも枝葉ともなる技術なのですが、
もっと、タイのおおらかなマインドを象徴するような、
気持ちよさを追求したオイルも、習得したかったのです。

さて、プリントアウトした情報からロイクロの営業開始時間が9時であることを確認。
明け方4時にカエルのマントラという脳内ジャブを受けつつも、
6時に起きて瞑想、そして身支度。
ホテルのミールクーポンを利用して朝食をしっかり摂り、
時計は8時45分。
よし、行くぞ!!!

地図で、現在地であるホテルの位置と、ロイクロの位置は、きちんとあたりをつけたが、
やはり自信がない。
本当にロイクロ通りは、私が思っている通りであっているのか・・・?



尋ねなければいけないのか・・・。


この、まったく使えない英語力で・・・。




激鬱です。



わからないことがあるたびに、英語で誰かに聞かなければいけない。
それはそれは憂鬱にさせられる作業であった。
しかしいくら嫌でも、避けて通れずやるしかなくって、この経験が後ほど、
重い腰を上げて英語の勉強に向かうきっかけになったわけです。

とりあえず、ホテルのフロントで
「Loi Kloh Street is near here?」とか聞いたんですよ、確か
(さすが、曖昧な英語力、記憶も曖昧です)
言葉より、身振りで解らせた感じですね。
自分が思っている方向に指さして、「ロイクロ通りって、あっち?」って感じで聞いちゃいました。
ボーイさんが「Yes, Loi Kloh Street is ○○○(←覚えていない)」って感じで、
私が指さした方向と同じ方へ彼も指をさしたので、
やはり、私は地図が読める女だったということで、はい。

そして地図の読める女、スギウラ、
道に迷いました、ハイ。

通りの左右を間違えているのか、
それとも曲がるべき角、入るべき小さな路地を間違えているのか・・・。
実は、ちゃんと「HOT STONE MASSAGE SALON LOI KLOH」と掲げられた横断幕を目にしていたんです。
だけど、「あれロイクロって書いてあるけど、そうじゃないよな」と判断して、スルーしたんです。
今、考えるとバカバカしいのですが、
私の頭の中で、ロイクロってこういう建物でこういう看板があって、
という思い込みが出来上がっていたんですよね。
学校=コンクリートで鉄筋、のイメージが完全に脳内に出来上がっていました。

横断幕を派手派手しく出すなんて、学校にあるまじき!
ロイクロの名を語ったバッタもんに違いない。
そう、思ったわけです。

しかし1時間もウロウロしていると、
自分の中の確信がグラついてきます。

「あのバッタもんのロイクロに行って、本家がどこか聞いてみるか・・・。」


人間って、
想像外の現実を受容するのが
苦手な生き物なんですね、うん。


想像とはまるで違っていた開放的な雰囲気のロイクロ。
受付と思われるログキャビンに寄って行くと、小さい女の子しかいません。
「サワディー・カー」と挨拶をすると、女の子ははにかんで何処かへ行ってしまいました。
カウンターにはスクールの情報が記載されたパンフレットが置いてあり、
やはりここがスクールの受付みたいです。
女の子が呼んできてくれたのか、女性スタッフが私のところまで来てくれました。

「Can I lesson here oil massage?」と聞くとOKです。
しかし、速攻で申し込みの段階に入ったので、
ロイクロのオイルマッサージがどんなか受けてみてから受講を決めようと思っていた私は、
「Before lesson, can I recieve oil massage?」と聞いてみました。
「Now?」「Yeah, now」
「あ~~~、サロンはあっち」

あれ?センセイ、日本語、イケるじゃん。

ロイクロは、サロンとスクールが別々の建物になっています。
受付に出て来てくれたのは、スクールで授業を教えている方のスタッフで、
後に私の授業を受け持ってくれる先生になりました。

サロンの方に案内されると、サロンのスタッフが出迎えてくれます。
少し年配の、お母さんタイプの女性です。
スギウラがセラピストで最も好きなタイプですよ、ウキキ。

/// to be continued... ///
次回は、ロイクロでお客として受けたオイル・マッサージについて書きます♪
SEE YOU NEXT TIME. (*'‐'*) ♪

<おまけ画像>
干し梅かな?と思って買った謎のおやつ。
原材料を見て、他のは「Salt」「Sugar」って感じでわかるんだけど、
唯一、トップにあった「Jujubee」ってのがわかりません。
食べてもなんだかわかりませんでした。
なんなの、Jujubee って!???
CIMG0142.jpg


にほんブログ村 健康ブログ 指圧・マッサージへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ ブログランキング・にほんブログ村へ

【3/27 Thu】そうだ、ロイクロに行こう。その1

あ・あ・あ、しばらく世間の荒波をバタ足してたら、すっかり更新がとどこおりました。
いつものこととはいえ、よろしくないですね。反省。

んでですね。(スチャッと話題を切り替える)

そう、チェンマイです、チェンマイの話してたんですよね。
あ~思い出した、そうそうそう。




もう毎日忙しくって(@@;))))~~(((((;@@)頭が回らないの~。





あ、すいません。
ただのひとりごとです。





で、チェンマイの話ね。
うわ、オカンと喋ってるみたい、なんて思た貴方、シャラップ。



そう、チェンマイに行くまでだって、今のようにバタバタしていて、
往路のフライト中で初めて、泊まるホテルが何処にあるのかガイドを広げたという。
ひどい話ですが、チェンマイに行ったら何をするか、
チェンマイに行ってから決めよう、と思っておったわけですよ。うん、ホントひどい。

ところが、地図を見ると、予約したホテル、
たまたまロイクロ通り(Loi Kloh St.)に面している、ということが発覚。
そんな何処にあるかもまともに見ないで予約したくせに、
ちゃんとロイクロですよ。外しませんよ。
悪いものを洗い流せと。(注 Loi=洗い流す Kloh=悪いもの)
お導きでございますかしら。

ならば近くにロイクロがあるはず、と探したら本当にホテルのすぐそばです。
(注 ここでいうロイクロとは、マッサージサロン&スクールのロイクロです。
他にも、ワット・ロイクロ(お寺)などがあり、
ひとことでロイクロといっても、いろいろな場所を指しています)



なんだ、じゃ、ロイクロのスクールに行こ。(←ぱふっとガイドブック閉じる)



スギウラ、さすが考えません!即決です!



チェンマイに到着した夜、
タイでのマッサージ初体験をすませ、あったまった体でベッドに入り、
「明日は朝一でロイクロに行って申し込むぞ!」と胸わくわくの愛がギッシリで眠りについたのでした。


明日が楽しみで早く寝るなんて、いつぐらいぶりだろう。



しかしそこはいわゆる”遠足前夜”、
やっぱりワクワクしすぎか、途中で目が覚めます。
そりゃそうです、初めての土地なんですもの、
Let's try try try大冒険、不思議な旅が始るぜそうさ今こそアドベンチャーなんですから、
興奮するのも当然です、トーゼ・・・ん?



ん???



ケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロケロ・・・・・・・・・・・・




こ、この音なに!?



こ、この、なんだか夏休みの田舎で聞いたような音・・・
もしかして・・・、私の勘違いでなければ・・・




カエルの大合唱!?




ホテルの外から、めっちゃリアルサラウンド!
音が下から上にあがってくるのが、「見える」んですよ。竜巻みたいに。
ちなみに、私が泊まっていたのは5階ですよお!

あ~、驚いた。
人間による音は、ホテルのナイトラウンジのバンド演奏が気になったくらいで、
ラウンジの営業が終われば、あとは静かなものです。
そんな静寂の中、朝4時頃になると響きだすカエルたちのマントラを、
私はチェンマイを出発するまで、毎日聴くことになるのでした。

///to be continued・・・///

【お知らせ】フリマ出店します!

お知らせです。

5月6日(火・祝)
たまプラーザ住宅展示場のフリーマーケット会場にて、
マッサージのブースを出店します!

フリマへの出店、faamuu初のこころみです。

今から、何を準備すればいいのかについて、準備する・・・
みたいな状態なのですが (・∀・;)アヒャ。

持ち運べるマットやタオル、
それから私の連絡先を記したチラシ作成など、
そろえるもの、やっておくこと、いっぱいありそうです。
今からワクワクです。

自分の好きなこと、やりたいことをやっている分には、
忙しくても楽しいものです。

タイから帰ってきて実感したのですが、
日々生きている中で、
自分がやりたいことをやっている時間も、
本当にそれが欲しくて遣っているお金も、
実はそんなにないんだな・・・って事をつくづく感じました。

だから可能な限り、自分のやりたいことは、思いっきりやろう!
と思っています。

話、逸れちゃいましたが、
フリマは、サロンとはまた違う雰囲気の場所でしょうから、
リーズナブルなプライスとコース設定で、
お試し的、一休み的に、気軽に受けてもらえるようなものにしようと思っています。
元気な笑顔で、いきますよ!頑張ります!

謎のおやつ

思わずジャンルをサブカルにしてしまいました。
実はとてもメジャーなものだったらごめんなさい。

じゃ、本題。
なんでしょ、これ↓
strange_sweets


カエルの卵じゃないですよ~ん!
答えは、タピオカのデザートです。
シヴァカに練習で行ったら、出てきました。
アーチャン(ソムキャット先生)の手作りおやつ♪ですー。
アーチャンはよくこうやって、手作りのおやつや料理を持ってきてくれるんです♪
そのおかげで、タイ料理がとても身近で親しめるものになりました。

これは、タピオカとガルバンゾー(ひよこ豆)を甘く味付けしたスイーツです。
意外な組み合わせですが、アーチャンの料理は美味しい。

シヴァカに生徒として行っていた時は、
毎日練習で汗ダラダラで、おまけにランニングもしていたのに、
痩せるどころかたくましく成長してしまったのは、
これら一連のハイエネルギー・フードをしょっちゅう食べていたからだと思われます嗚呼。

にほんブログ村 健康ブログ 指圧・マッサージへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ ブログランキング・にほんブログ村へ

【3/26 Wed】マッサージ体験その1@スターホテルのそばのサロン

え~~~~っと・・・、お店の名前を忘れちゃったんですけど、
そのあたり、スギウラってば年齢的に脳の記憶容量に限界がありまして・・・
ってことで思いっきり健忘です。ご容赦下さい。

場所は、
私が泊まったSTAR HOTELを出て、Loi-Kroh St.(ロイクロ通り)の方向へ歩いて10歩くらいの場所にあります。
看板が大きくて、かなり目立つお店です。

営業時間は13時~24時と、チェンマイのマッサージ店にしては遅くまで開いています。

ホテルにチェックインしたのが夜の8時頃で、
夕食を食べたらあとはもうどこにも行きたくない、って気分でいたら、
ちょうどすぐ近くにマッサージ屋さんがあるので、入ってみました。
スギウラ、本場でのタイマッサージ初体験です!

お店の入り口を入ると、
ホテルのフロントのようなカウンターに
タイシルクの美しい装いをした受付係りの若い女性がいます。
そこで希望のコースを伝えると、
手のあいている(手をこまねいている)セラピスト(やはり若い女性)が、
ドアで仕切られた控え室からやってきます。
私は、フットマッサージ60分とタイ古式マッサージ120分をオーダーしました。

成田から着ていた服のままで行ってしまったので、
つたない英語で「Can I wear change?」と聞くと着替えを出してくれたのですが、


渡されたタイパンツ、
紐が、ちぎれちゃっててありません。

無存在でございます。


「This is no code」と言って、パンツの紐がないことを示すと、
「Oh!」と驚き顔の様子で、すぐに別のタイパンツと替えてくれたのですが、


そのタイパンツも、
紐、ありません(涙)。



何かのコントなんでしょうか、これ?
チェンマイ到着早々、一発ジャブを咬まされた心境になりました。


もう一回、替えてくれと言う気は毛頭失せてしまい、
紐のないタイパンツは、
ウエストに合わせてギャザリングしたら、バスタオルを巻く要領で外側に折り返す、
という方法で、なんとか落ちないように調整。

とりあえず、まずフットマッサージから。
入り口を入ったところのエントランスにおいてある、
リフレ用のリクライニングチェアに腰掛けるよう促されます。
20代半ばくらいの女性が施術担当してくれました。
足湯をしてくれますが、日本ではありえないぬる~い温度です。
冷房が効いた中での長時間のフライトにより、体が冷えきっていたところだったので、
ちょっと物足りなかったです。

しかし、このお店で感じた「物足りなさ」は、
お店の雰囲気や担当者女性の力量が可もなく不可もなくだったから、
というだけが要因ではなく、
今になって思い返してみれば、
様々な悪条件が重なっていたわけですよ。

疲労と冷えという肉体的なウィークポイントに加え、
タイ人が、私が思っていたよりもずっと流暢に英語を喋ってくることにおののいてしまい、
話しかけられても、言ってることがわからない&答えられないからストレス、
でも白人の人が英語どころかちゃんとタイ語で喋っているのを目の当たりにして、
タイに来ているのにタイ語を喋らない自分が恥ずかしくなり、卑屈になり、

・・・ハートが閉じちゃったんですよね。

気持ちはもう話しかけられたくない、になっちゃってるのに、
それを拒める術もないし、
かといってマッサージは没頭しきれるほどうまくないし、
で、実に中途半端な状態に陥り。

まったくもって、「Now & Here」 にいない自分・・・。

冷えた体は、1時間のフットマッサージではあたたまりきらず、
そのまま、タイ古式マッサージのお部屋へ移動・・・。

タイ古式のお部屋は、布で簡単に仕切られた個室になっていて、
やっぱり冷房がちょっと寒いまま・・・。
(今思うと、このお店は特にエアコンが強いお店でした)
心が閉じていると、「寒い」っていうお客として当たり前に主張していいことさえ
伝えるのに躊躇を感じます。
そして、こんな暑い国で、寒いと感じている自分が奇異に思われるのではないか?という畏れ。
でもせっかくマッサージ受けにきたのに、
寒い~~~って思いながら受けていてもつまんないよね?

しばし葛藤しましたが、
「こんな暑い国に来ていてお恥ずかしいですが、
私、寒がりなので、カーディガン着ます」
というアクションに出ました。(←喋りは無理です)

しかし、担当の女性の私を見る目は、
「なにこの日本人、タイ語もできないどころか、
話しかけてもろくすっぽ答えられないし、
おまけに寒いってどういうことよ、みんな暑がってんのにさ!」
(↑すべてスギウラの被害妄想から生まれた台詞)
というようなものではなく
子供を見守るような温かい眼差しでした。

マッサージは決してすっごいうまい!と言えるものではありませんでしたが、
それでもなんだか、心の𥶡が少し外れたのか、
体が温まってきて、私は寝てしまいました。


私の見た限りでは、スタッフは若い女性ばかりで、
別室のドアの向こうからキャッキャキャッキャとかしましい声が聞こえてきます。
値段においても雰囲気においても、何から何まで平均的です。
特にこれといったものはないのですが、だからといって悪いわけでもありません。
大通りにほど近い場所で遅い時間に安心して行ける点では、いいかもしれません。
午前中は、準備をしているスタッフが、美しい民族衣装を着てお香を供えている姿が、通りの景観に彩りを添えています。

にほんブログ村 健康ブログ 指圧・マッサージへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ ブログランキング・にほんブログ村へ

【3/26 Wed】グラグラな旅のスタート I can't feel ground !

10年ぶりの海外旅行。
生まれて初めてのひとり旅。
友だちに「目的は何?」と聞かれて、自分でも考え込んでしまったくらい、
もうホントにまったく
”勢いだけ”
で、決めてしまったチェンマイ行き。

慌ただしい中、航空券とホテルの手配だけするのがやっとこさで、
あとはやっとこさ前日になって準備に取りかかりだしたという。
おかげで、超・寝不足状態で早朝、成田に向かうはめになっちゃいました。

あ~ああ、
「私はいつも、準備は前もって済ませておいて、
前日は”明日のためにゆっくり休んでおく”って状態にしておくのよ」

ってIKKOさんがエッセイで言ってたの、
ちゃんと読んでいて、「私もそうしよう!」って思っていたのにな。
まったくもって、何っ処もそうしてません、ふがが。

成田で搭乗直前に、何人かの友だちに
「今から飛行機乗ります」なんてメールしちゃったんですけど、
これってもう一種の遺言ですよね(笑)。
軽く、今生の別れみたいなセンチメンタルに襲われちゃったわけです。

で、いざ搭乗すると機体が揺れるじゃないですか。
私、普段はジブンのことを、相当運が強いと信じて憚らないんですけど、
機体がグラッとすると、その自信までもが揺らぐんですよね。

ドリーン・バーチューのエンジェルセラピー(注:”あなたは♪いつでもどこでも♪天使に守られています♪”)に傾倒していなかったら、
「降ろしてうわわわーーん!」になっていたかもしれません。
(ならない、ならない)

だけどバンコクのスワンナプーム空港に到着した時点で
超笑顔になっちゃいました。
なんでかわからないけど、すっごい嬉しい。
人が見たら、すっごい怪しい浮かれた日本人。
さっきまでのグラグラは何処へやら、さらに乗り継いで1時間。
とうとうチェンマイ国際空港に到着!!!

やったーーー!!!
ひとりでここまで来れたーーー!!!

チェンマイ空港からホテルまではタクシー利用が一般的みたいです。
すごく親切なことに、空港出口のタクシーを手配してくれるカウンター、
行き先によって、前もって運賃が提示してあるんです。
しかも市街なら120バーツ(1バーツ/約3円)。
安い上に、ぼったくられる心配がないってのは、
ひとりで心細い私には、とても嬉しいサービスでした。

ホテルにチェックインすると、さっそく英語の難関が。
スギウラ、中学英語もろくすっぽ出来ません。

フロントの女性の言っていることがわからない。
単語しか聞き取れない。
しかもスギウラ、ホテル使い慣れていない。
つい自分でバゲージを部屋まで運ぼうとしたら、
「そこにおいておいて!」と思いっきり注意されちゃいました。
注意ですよー、注意!私、客なのにー!ぐすん。
そこまで言われないと、あやうくポーターの仕事を奪ってしまうくらいの、
切なすぎる英語力で、果たしてスギウラ、大丈夫なのか?



もちろん、大丈夫でない。



言語表現が閉ざされた、
つまりスロート・チャクラのところでエネルギーの循環が止まった。
ということは、その下のハート・チャクラで私の感情は行き場を失い。
しかも、見知らぬ土地、自分の根がない土地で、
いちばん基のルート・チャクラもすでに崩れている。

最悪にバランスを崩しました。

何がどう、ってトラブルがあったわけじゃないんですけど、
せっかくの旅行なのに、
いきなり後ろ向きで閉じまくりな自分になっちゃいました。

「私、なんでこんなところ来たんだろう」
「何しに来たんだろう」
って、自分が見えなくなってしまったんですね。

グラウンディングが出来ていない状態。
あんなに楽しみにしていたタイマッサージに行っても、
マッサージ師のお姉さんとコミュニケーションが取れないことから卑屈になる。
いや、逆です。卑屈だからコミュニケーションが取れない。

白人が英語を喋っているという、ごく当たり前のシチュエーションを見て卑屈になる。
ましてや白人がタイ語を喋っているのなんか見たら、もっと卑屈になる!!!
Queen of the 卑屈!!!

その時は気がつかなかったけど、
あとで「これがチャクラが崩れたってことなんだ」とわかり、
今になってみれば、それを自分の肉体で感じられたことは良い経験になったのですが。
グラウンディングが出来ていない、ってこういうことなんだなっと。
いつもと違う場所に行くときは、注意しましょう。

///to be continued///

<おまけ画像>
↓”スイオラ”になってるしぃ~(でもなんとなくわかる^^; )
printed  is not my name


カルサイトなお年頃

CALCITE

こんばんは、スギウラでっす。
本日はサラッとしながらコク豊かにいきたいと思いまっする。
(なにせ、眠いのです)

今日は2回目のGATHERING OF TALKING CRYSTALでした。
またニホンのおへそ浜松まで、濱田葉子さんのお話を聴いてきました。
綺麗で可愛くて、でもとってもエネルギーに満ちあふれた多くの石を間近にして、
心が洗われまくりです。

今日のテーマは「グリッド」で、お話を伺っているうちに、
集合体のエネルギーを生み出すためには、個が大事なんだってことを感じました。
そして、ひとつひとつは小さくても、集合体になった時、
はじめて見えてくる不思議エネルギーも存在することも。
その個は、ひとつの石であったり、ひとりの私であったり、ひとつの国であったり、ひとつの星であったり・・・。

う~ん、すごい。

感化されやすいスギウラ、
どうしても石屋で石を選んでからでないと、
家に帰る気になれませんでした。

「あ、あの時私がこの石を選んだのは、こういうことだったからなのね」
という体験を、あと何年後かにしたいがために、
今、石を選びたい!という衝動にかられまして。

そして新宿の紀伊国屋に行ったんですけど、

なん~~~~~でか、またカルサイト!

まさかこのきれいなクラスターが、カルサイトだなんて!
そして、心惹かれるベビーピンクの石は、マンガンを含んだカルサイト。

うわー、ここ最近の惹かれる率第1位ですよ、カルサイト。

どうやら私の人生全般を見渡した時に、
ものすごい大きい意味を持った石のひとつに、
カルサイトがランクインすることは、間違いないようです。

CALCITES01
寄ってくるピンクカルサイトたち「あ~そ~ぼ!」

CALCITES02
じゃれてます

CALCITES03
すりすりしてます

たぶん、石に台詞つけて楽しんでいるのは・・・、
私だけではないはずです。
いい年こいてこんな遊びを楽しんでいるのは、
私だけかもしれませんが(いいんだもーん!)。

どうやら私、めっちゃイニシエーション期なんだな。
あと何年後かに、きっと実感できると楽しみにして、今日は寝まっす。
おやすみなさい。

にほんブログ村 健康ブログ 指圧・マッサージへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ ブログランキング・にほんブログ村へ

チェンマイより帰国

サワディー・カー♪
スギウラでっす。

しばらく更新もせんと、何してたかって、

チェンマイに行っておりました。
CIMG0155_convert_20080402233724.jpg


そういうことは行く前に
「タイに行くから更新できませんー、んちゃ♪」くらい告知しておけよー、
という感じなのですが、すっかり抜け作ちゃんでした。
ごめんなさい。

ホントは滞在中にライブで更新したかったのですが、
チェンマイのインターネット屋さん、
パソコンに日本語がインストールされていませんでした(泣)。
ローマ字でメールを送られちゃった被害者なマイフレンズたちよ、
驚かせてごめん・・・m(_汗_)m
↓こんな状態だったもので・・・。
CIMG0158_convert_20080402234802.jpg


いろいろ書きたいこと、山ほどあるのですが、
今朝、帰ってきたばかりで、いかんせん、さすがにカラダを休めたいところです。
でも、胸にためこんだままもカラダに悪いので、
少しずつ書いていこうと思っております。
しばらくはチェンマイ旅行記が続く予定です。

あ、ちなみにロイクロのオイルマッサージのクラスを修了してきました。
めっちゃ、サヴァーイ!です。

ではでは、サワディー・チャオ♪

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。