S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04« 2017/05 »06

Daily Moon Phase

CURRENT MOON

maiko's twtter

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

maiko

Author:maiko
タイ式セラピストのスギウラです。自然使いの癒しな魔女を目指しています。セラピーもリラグゼーションも両方大事♪♪医王会のZen Shiatsuを習得中です。
他に、リマクッキングスクールにてマクロビオティックの勉強中。体のことを知れば知るほど、内側からのアプローチの重要性を感じます。
趣味は、薔薇の栽培。漫画。落語。競馬。

hideを愛する永遠のロック少女を自認しておりましたが、とうとう最近、BIGBANGのG-DRAGON(ジヨン)に射抜かれ片思いの熱愛中。
↓未亡人ですので法事も行きます。
(ロラパルーザも行きます!)

最近の記事

カテゴリー

スギウラ農園のかわいこちゃんたち

ルッコラ/ 中国菜心/ 枝豆/ ミニトマト/ コブミカン/ バラ(ジュリア)/ ミニひまわり(ミラクルビーム)/ ダリア/  ルイアマード/ スーヴニール ケイトウ/ マリーゴールド/ ジャンヌダルク/ 

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 クリスタル 】浄化中

今日は満月ですので~。
実は超久しぶりの浄化です(石たち、スマヌ)。

CIMG2652.jpg

表に出しただけで生き生きとしだしたのですが(どんだけ出してやってなかったんだ)、
植物と一緒にレイアウトするとことさらです。


スポンサーサイト

カルサイトなお年頃

CALCITE

こんばんは、スギウラでっす。
本日はサラッとしながらコク豊かにいきたいと思いまっする。
(なにせ、眠いのです)

今日は2回目のGATHERING OF TALKING CRYSTALでした。
またニホンのおへそ浜松まで、濱田葉子さんのお話を聴いてきました。
綺麗で可愛くて、でもとってもエネルギーに満ちあふれた多くの石を間近にして、
心が洗われまくりです。

今日のテーマは「グリッド」で、お話を伺っているうちに、
集合体のエネルギーを生み出すためには、個が大事なんだってことを感じました。
そして、ひとつひとつは小さくても、集合体になった時、
はじめて見えてくる不思議エネルギーも存在することも。
その個は、ひとつの石であったり、ひとりの私であったり、ひとつの国であったり、ひとつの星であったり・・・。

う~ん、すごい。

感化されやすいスギウラ、
どうしても石屋で石を選んでからでないと、
家に帰る気になれませんでした。

「あ、あの時私がこの石を選んだのは、こういうことだったからなのね」
という体験を、あと何年後かにしたいがために、
今、石を選びたい!という衝動にかられまして。

そして新宿の紀伊国屋に行ったんですけど、

なん~~~~~でか、またカルサイト!

まさかこのきれいなクラスターが、カルサイトだなんて!
そして、心惹かれるベビーピンクの石は、マンガンを含んだカルサイト。

うわー、ここ最近の惹かれる率第1位ですよ、カルサイト。

どうやら私の人生全般を見渡した時に、
ものすごい大きい意味を持った石のひとつに、
カルサイトがランクインすることは、間違いないようです。

CALCITES01
寄ってくるピンクカルサイトたち「あ~そ~ぼ!」

CALCITES02
じゃれてます

CALCITES03
すりすりしてます

たぶん、石に台詞つけて楽しんでいるのは・・・、
私だけではないはずです。
いい年こいてこんな遊びを楽しんでいるのは、
私だけかもしれませんが(いいんだもーん!)。

どうやら私、めっちゃイニシエーション期なんだな。
あと何年後かに、きっと実感できると楽しみにして、今日は寝まっす。
おやすみなさい。

にほんブログ村 健康ブログ 指圧・マッサージへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ ブログランキング・にほんブログ村へ

一目惚れ☆カルサイトちゃん

石バカ☆タイ古式セラピスト、スギウラです。

本日も、新しい家族が増えました。
う~ん、可愛いっ!!!

green_calcite24_convert_20080314231427.jpg
グリーンカルサイト(Green-Calcite 方解石)メキシコ産

ああん♪
なんて美しいんでしょう。(ボー・・・)

湖を思わせる、・・・。
忙殺にささくれだっていた心も、
一瞬で天国にテレポート、ゆる~~~、です。

見ているだけで、とってもセレニティィ~ぃ~♪♪♪
(ゆるゆる。ゆるゆる。)

green_calcite28_convert_20080314231457.jpg
おすぎの手のひらで戯れるカルサイトちゃん

新宿の紀伊国屋書店・化石鉱物専門コーナーで出会いました。
一目見た瞬間、「あ、この子だ」と迷わず即決でした。
少し前から、自分がカルサイトに惹かれだしているのは気がついていたのですが、
カルサイトで、ここまで連れて帰りたいと思った子は初めてです。
ちなみに鉱物店で石を買ったのも初めて。

鉱物店においてある石は、
ヒーリング用ではなく標本として売っているものなので、
人が触ることにも当然ながら頓着ないし、浄化もしていないし、
だからヒーリングには使えないって、本で読んだのですが、

人が触れたことでその人の思いが石にうつるのはわかるのですが、
「だから癒し効果はない」ってのは、どうなんだろう?
と思っています。

だってこの子なんて、もう、単純に、
綺麗!!!ですよね。
理由なんて関係なしに。
すっごい癒してますよ。この色、この光沢。
私に愛させてくれちゃってますよおお。

ひとくちにグリーンカルサイトといっても
ブルーがかった部分ライムがかった部分、層になっていて、
その層の間にまた土を思わせるブラウンの層があって、
よ~く見ると、ているところもあるんです。
空の色、湖の色、大地の色、
地球の、自然の、天空の・・・
ああーー、YOU ARE SO BEAUTIFUL!!!
(筆者、少し崩壊気味ですが、よくあることなのでお気になさらず・・・)

自然のあらゆる美しさを、
この子ひとりが体現しているような、
濃い~いながらも、しかし優しい波動を感じます。

さて、家に帰って、さっそくジェーンアン・ダウの「クリスタル・ジャーニー」を開きました。

カルサイト・ファミリーについては

イニシエーションや霊的な復活と深いつながりをもっています。



そしてグリーンカルサイトについては

劇的なエネルギー転換



ススス、スギウラ、
なんだか劇的にシフトしちゃうらしいですよっ!?ひぃー。

確かに今ってちょうど、新しい環境に向かって、
自分には必要でない古いマインドを捨て去ろうと決意していたところでした。
そのことで自分自身、霊的に成長してきていることを実感していました。

ああ、それにしても、
ホンット、美しい・・・。

ホントはアメジストのクラスターが欲しかったのに、
(今まであまり感じなかったアメジストの波動も
やっと波長が合うようになってきました)
また今回も、店に入る前と入った後では違う結果に。
でもこれが、石の面白いところで、石のすごいところ♪
石屋さんに入って帰ってくるたびに、
人間が知っていることなんて、
大自然にはかなわないんだよね、ってことをつくづく思い知らされます。

GATHERING OF TALKING CRYSTAL in 浜松

ニン♪

hamamatsu01

スギウラでっす。
私はどこに来ているでせう?

はい!
浜松に来ちゃいました!

クリスタルワーカー・濱田葉子さんのトークイベントに参加するため、

片道5時間かけて浜松に馳せ参じたわけです。

はい、スギウラ、
浜松ってもっと近いと思い込んでおり、
申し込んだあとになって、
自分の無謀さに畏れおののいた次第でございます(涙)。

浜松って・・・、

ほぼ愛知だったんですね。
スギウラ、ニホンを知るいい勉強になりました。

沼津のちょっと先、くらいの感覚でいたわけですから、
当然普通列車で行けると、思っておったわけです。

あたいがバカでしたよおおー。
こーなったら意地です。
是が非でも普通列車で行ってやる!
と、ホントに普通列車乗り継ぎました。

それもこれも、

もっと石と仲良くなりたい!

の思い、ただひとつがそうさせるんだから、

石って本当にすごい。

宝石の魔力にやられて、
道を外しちゃう人が実際にいるのも、
わからないでもないです。
私も犯罪者になるほど霊的に病んでいないってだけで、
十分に石バカの素質ありだと思います。

初めてお会いした濱田葉子さん。
(※といっても、初対面で緊張してしまい、
お会いしたなんて偉そうに言えるほど
お話しができたわけではないのですが)

葉子さんのお話は、
クリスタルについてというより、
クリスタルと共に歩いて来た葉子さん自身の物語でもあり、
葉子さんがクリスタルを通して学んだ、生きる知恵についてでもあったのですが、
もう、ほんっとに、シンクロニシティじゃないかと思うくらい、
「私もそう!」
「私も同じ!」と共感出来ることが沢山で、
びっくりしちゃいました。
すごーくひきこまれて、
2時間なんてあっという間でした。

うんうんうんうんうなずきすぎで、
首がどーにかなっちゃいそーです。


帰りは、葉子さんの口から何度も出て来た
ジェーンアン・ダウの「クリスタル・ジャーニー」を

電車の中で読みふけっていました。

ところどころ言い回しが難しくて、
まるで学術書を読んでいるような気分になりつつも、

私がぼんやりと思っていて、
でも自分でははっきりと意識化していなかったところを、
この本が教えてくれたというか。
「そうそう、私がやりたいワークって、
こういうのだったんだよー!」

っていうことを、すごく感じました。

浜松には通えるだけ通いたいと思っています。
(また来月も第2弾のギャザリングに行きまっす)
今回は、なんだか話したそうなオーラをいじいじ出してはみたものの、
照れたり、周りの空気を読みすぎたりで、
質問や感想を言えずでしたが、
次は恥ずかしがらず、もうちょっとお話しできたらいいな、

あ~んど、
電車の中で出来る首のストレッチを会得しよ、

ということを、思っています♪

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。