S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04« 2017/05 »06

Daily Moon Phase

CURRENT MOON

maiko's twtter

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

maiko

Author:maiko
タイ式セラピストのスギウラです。自然使いの癒しな魔女を目指しています。セラピーもリラグゼーションも両方大事♪♪医王会のZen Shiatsuを習得中です。
他に、リマクッキングスクールにてマクロビオティックの勉強中。体のことを知れば知るほど、内側からのアプローチの重要性を感じます。
趣味は、薔薇の栽培。漫画。落語。競馬。

hideを愛する永遠のロック少女を自認しておりましたが、とうとう最近、BIGBANGのG-DRAGON(ジヨン)に射抜かれ片思いの熱愛中。
↓未亡人ですので法事も行きます。
(ロラパルーザも行きます!)

最近の記事

カテゴリー

スギウラ農園のかわいこちゃんたち

ルッコラ/ 中国菜心/ 枝豆/ ミニトマト/ コブミカン/ バラ(ジュリア)/ ミニひまわり(ミラクルビーム)/ ダリア/  ルイアマード/ スーヴニール ケイトウ/ マリーゴールド/ ジャンヌダルク/ 

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 スギウラ農園 】ルッコラ、終了~~~。

中国菜心とルッコラにヨトウムシとコナガがつくようになった。どちらもアブラナ科。

丸い食べ痕を見つけるようになったので、その痕はすごく小さかったんだけど、もしやと思ってちょっと葉っぱをめくったら、簡単にいやがった。あっれっだっけっ見たくなかったヨトウムシ!まだ5mmくらいだったからなんとか頑張ろうと勇気を奮って割り箸で捕ろうとしたら、コロンと落として捕り逃がしてしまった。ぎええーーー。その後ヤツがどこへ行ったかは誰も知らない・・・。さらに時間をおいてサーチしたら、コナガの幼虫も何匹かいる。小さいからそんなにこわくはないけどその分箸で捕りにくい。

これ以上、被害がひどくなるのはいやだったので、中国菜心はここで収穫することにしました。相変わらずハモグリバエの産卵痕もひどくて、実際に食べられるところはほんのちょっと。しかもほとんどが筋ばっかりで美味しくない・・・。これがホントの中国菜心の味ね!っていうのはわずか1株だけだった。あんなに神経遣ったわりに・・・まったく癒し効果なしの中国菜心くん。キミとはもう会う事はないだろう。

CIMG2354.jpg

ルッコラにもコナガの幼虫が。
毎朝、コナガの幼虫捕りにいそしむワタシ。箸ではなく、綿棒に石鹸水をつけて捕ると簡単に捕れる。そのまま石鹸液にドボン。一緒にアブラムシも捕ってしまう。今はせいぜい日に3~5匹とはいえ、日に日に食べ痕の穴が増えているのをみると、これから爆発的に増えることがたやすく予想できる。これも収穫しよ。

ルッコラは、砂糖と油脂を使っていないハードトーストの上に載せて食べた。食べるとやっぱりルッコラの味がしておいしい。だがいかんせん、アブラナ科はすぐ虫のターゲットになるから今後栽培するにはちと躊躇。本には春より秋の方が虫がつきにくい、とあるので、今度は秋に蒔いてみようかな。「全粒粉のピザに山盛りのルッコラ」という野望がまだあるんだもん。


スポンサーサイト

【 スギウラ農園 】忍び寄る不穏

ここ最近、玄関先のミニひまわりにアブラムシを1匹2匹見かけるようになって、そのたびに手で潰して捕殺してましたが、


今日はベランダのルッコラにいました。家族団らんですかコラ。
CIMG1908.jpg

やだー、1匹ならともかく、集団でツルんでられたらもう手では潰せなーい!しかも真ん中のママンみたいのデカいし!

葉ごとハサミで切り取って捨て!ました。

もおー、こういうの見たくなくて毎朝毎晩トウガラシスプレーをブシュブシュ撒いてるのになあ。(いちおアンチ化学農薬)

CIMG1768.jpg
↑これ、毎日撒いてるの。唐辛子とアルコールで作った。100倍くらいに薄めて噴霧。


枝豆にも異変が。

ちょっとだけど葉が食害されてる気が・・・。その場所に小さな茶色い綿埃みたいなのがついてる。
CIMG1906.jpg


これ、もしかしてヨトウムシの卵!?

ええ~~!?

やだよう、とうとう芋虫系!?(>_<)

なんか葉がところどころ白くなってるのも気になる・・・や~な感じ。
CIMG1907.jpg


玄関先のお世話に行くとミニひまわりにいたアブラムシは今日はいない。サニーレタスも大丈夫。

が、次の瞬間(・ω・)我が目を疑った。

なんじゃこりゃー!!
中国菜心の葉っぱにあちこち白い斑点が!!たった一晩でいきなり大量!

CIMG1913.jpg

これ、以前ダリアとルッコラが本葉出したての時にも同じ症状が出ていた。でもその時は小さな葉に1、2枚だけで、こんな大量じゃなかった。虫の食害でもなさそうだし、気になるほどではなかったから特に調べもしなかった。

今さらだけど大あわてで調べてみた。そう・・・だいたいわかったわ・・・。たぶんハモグリバエの産卵痕。確かに前回も、エカキムシの被害痕と、この白い点々が同時セットでお出ましになったのよね。(注※エカキムシはハモグリバエの俗称。白い線を描いたような食害痕なのでそう呼ばれる)それに最近、葉の中でアブラムシに混ざって小バエをちょこちょこ見かけるようになっていた。普通によくいるショウジョウバエかと思って「どっかに生ゴミでもあんのかなー?」なんて思っていたけど、とんだすっとぼけ。あれはショウジョウバエじゃなくてハモグリバエだったんだ。合点がいきまくり。

わ・・・わなわな・・・ワタクシ朝から・・・、憤怒!!!

ちっきっしょー。ここはキサマらの保育園じゃねーぞ!虫嫌いな俺様の前で存在チラつかせるとはいい度胸ぢゃないかゴルァ!!!

え?虫嫌い???

そうだった・・・ワタシ・・・虫、大の苦手だったんだ。
調べてみたらヨトウムシの駆除方法は「捕殺」って・・・


えええええーーーーーー?????(←顔、思いっきりムンクの叫び)


<そして次の記事に続きたいと思われ>


【 スギウラ農園 】初☆収穫

と、いっても間引き菜です。

中国菜心という葉っぱで、菜花の一種だと思います。思いっきりアブラナ科。アオムシの保育園として目を付けられる前に、間引いて風通しよくしちゃお、というわけで。

CIMG1892.jpg

CIMG1893.jpg
間引く前。かなりみっしり。


とりあえず株間1cmくらいになるように間引いてみました。間引いたあとの葉っぱをみると、あっちこっちを向いていて、今まで日光の取り合いをしながら伸びていたことが窺えます。

CIMG1898.jpg
間引き後のプランター。これから向きも揃っていくでしょう。


間引き菜はスプラウトとして、サンドイッチに。人参マリネとポールのパンで今日のお弁当はご馳走モード♪♪♪

CIMG1899.jpg

CIMG1900.jpg



| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。